ともとこころについて
ホーム > ともとこころとについて

ともとこころとについて

  • 三色ざるとうふ

    ごあいさつ

    おとうふ料理の店「ともとこころと」のホームページにご来訪いただき、ありがとうございます。
    私ととうふ料理との出会いは、今から8年前の九州福岡です。当時私は生まれ故郷の栃木を遠く離れて、福岡でくらしていました。私にとって福岡は第二の故郷です。
    そこに住んでいる時によく行っていたとうふ料理の店がありました。手作り出来立てのとうふを様々に料理して、コース仕立てで出す評判のお店です。
    いつかこんなお店を出してみたいと思わせる憧れの店でした。

故郷に帰ってきてお店をしてみたいと思い、最初に思い浮かんだのが、そのとうふ料理のお店でした。
そんな時、偶然にも知り合いから福岡の「秋月とうふ家」を紹介していただきました。
この秋月とうふ家が、憧れのとうふ料理のお店を開業支援したところで、その豆腐の美味しさは「ミシュランガイド福岡・佐賀」にも掲載される程評判のお店でした。
是非この豆腐の美味しさを、宇都宮を元に県内県外の皆様にも伝えたいと強く思うようになり、以来1,300キロの道のりを一人車で走らせ通いつめ、とうふ料理を一から徹底的に学び、修行を重ねました。
そして出来上がったのが当店の自慢のとうふ料理の数々です。
美味しい豆腐を食べると幸せになる、そしてそれを誰かに伝えたくなる。大切な「味」と「思い」が繋がっていく。

「ともとこころと」はそんなお店を目指しています。

  • 豆乳へのこだわり

    豆乳へのこだわり

    「豆腐に長旅をさせるな」と昔から言われています。豆腐は出来てそのまま食べるのが一番おいしい食べ方。
    そのため、当店では福岡の小京都秋月にある「秋月とうふ家」の国産豆乳を使用して、毎日店内で手作りしています。
    豆腐を一番美味しい時にお客様に召し上がっていただきたいという思いからです。

    通常、豆乳の濃度は7~8度ですが、「秋月とうふ家」の豆乳はその倍の14度。高濃度ならではの甘みとコクから、なめらかな舌触りと大豆の濃厚な味わいの活きた豆腐ができます。
    良質なたんぱく質と女性に欠かせない大豆イソフラボンがたっぷりの、身体にやさしいとうふ料理をお楽しみください。

  • 膳を楽しむ

    膳を楽しむ

    とうふを使った多彩なお料理をコース形式でお召し上がりいただきます。

    お料理は順次お出しいたしますので、順番やお召し上がり方など、当店の従業員がご案内いたします。
    また、夜には一品料理をお酒のお供として楽しむこともできますので、飲み会や宴会などでのご利用も歓迎いたします。

お品書き